今日は本来であればキャンプへ行く予定でしたが、雲行きが怪しく中止することに。行きたかったとグズる息子をたしなめるべく、お昼はマルカンデパートの食堂へ行きました。

花巻市民のみならず、いまや全国区となりつつある昭和テイスト満載のマルカンデパートの食堂。

何と言っても有名なのは大きなソフトクリーム。ご存知の方も多いと思います。あまりの大きさに箸で下からすくうように食べます。

今日は食後にソフトクリームを3人で2つ。息子はかんぴょう巻き。私と妻はこれを食べました。

カツカレー。最近はもっぱらこれです。昔ながらの黄色いカレー。写真より黄色いです。辛くないけど物足りなさはなくとても美味しいです。トンカツも専門店のようなカツではなく、家で揚げるようなもの。この安心感が長く愛される理由だと思います。ちなみにこのボリュームで600円。いまやハンバーガー単品より安いです。

他に中華そばを一つ頼んで3人で食べました。この中華そばも名物で、薄味でさっぱり。妻曰く「誰も傷つけない味」だそうです。食べやすい分、食後はさすがに満腹感が押し寄せてきてちょっと辛かったです。

陸中海産的に、マルカンデパートの食堂のお勧めメニューは以下の通りです。

・オムハヤシ(オムライスにハヤシライスのソースがかけてあるだけなのに、とても美味しいです。何となくお洒落なイメージがあるからか、若い人はほとんどこれを食べてる印象があります)

・マルカンランチ(トンカツがメインですが、サラダ、ミニハンバーグ、ミニオムレツ、もちろんライスとスープも付いています。Aセット、Bセットなどもありますが、コストパフォーマンスはこっちの方が高いです)

・ナポリカツ(名前の通りの内容ながら、わんこそばに次ぐ花巻のソウルフードと言われており、市内のあちこちの喫茶店で食べる事ができます。ただやはり昭和の雰囲気の中食べるナポリタンはノスタルジックで格別です)

・プリン系のデザート(お財布に余裕がある場合はソフトではなくこちらをお勧めします。甘くないプリンというか、手作り感溢れるプリンというか、好きな人は絶対好きなプリンです。ちなみにマルカンの生クリームは甘さがくどくなくて本当に美味しいです)

・マルカンワッフル(大人気という意味ではダントツと思われます。レジ前の保温庫で買えますが、休日は昼過ぎにはもう売り切れています。食後まで我慢できずうっかり食前に食べると満腹になって食事できなくなるので注意です。お土産にも重宝されています)

他にも麺類などが人気のようですが、中華以外はほとんど食べた事はありません。ご年配の方々にはお寿司系が人気でいつか食べてみたいと思うものの、せっかく来たからと結局はガッツリとしたカツカレーかマルカンランチを選んでしまいます。

子供の頃、日曜日にマルカンへ行くぞと言われた時の高揚感は今でも忘れられません。しかし時が経つにつれ、おもちゃコーナーが無くなり、地下の食品売り場が無くなり(かつてワンタッチわかめも販売していました。祖父の配達によく付いて行ったものです)、最上階の遊戯コーナーが無くなり、各階の客入りもどんどん減っています。しかし食堂だけは大混雑しています。栄えていた頃のマルカンの思い出を噛み締めながら皆、食事をしているのでしょう。

花巻名物、マルカンデパート。いつまでも応援していきたいです。皆様も是非!
関連する記事