今日は友人たちと恒例化している喫茶店ミーティングをしてきました。

陸中海産の従業員は家族だけですし取引先も少なく、どうしても社会の流れに疎くなってしまうのが、この仕事を始めた時に一番辛い事でした。

それでも若い頃は割と頻繁に飲み会もあり情報交換などできていましたが、40間近にもなりますと皆家庭を築き、独身時代のように気軽に飲み歩く事が出来なくなり、世の中が分からないどころかどんどん友人達とも疎遠になっていくことに危機感を抱いていました。

そこで営業の合間の友人や平日休みの友人などと時間を合わせ、無理にでも会う機会を作っています。
限られた時間の中、食事や飲酒も無いのでただただ近況報告などの会話に集中できます。新聞やニュースでは知り得ない世の中の動きがこんなにもあるのかと愕然とする事も多々あります。

色々な価値観や現実を認め、時には許し、受け入れる事で、人は成長できていくものと考えています。そういう機会がある環境と友人達に感謝する毎日です。

ただ肝心なのはそれをまた世の中に還元する事です。少しずつでもそれができていればいいなと思いますし、続けていければいいなと思います。