こんばんわ!すっかりご無沙汰しております。

先月末まで開催しておりました春のセール、原材料の価格高騰により急遽内容量を変更してのご案内となりましたが、今年も多くのご注文をいただき、本当にありがとうございました!

しかしDM発送後に昆布類なども軒並み価格が高騰し、現在内容量、価格を変更し販売させていただいております。
詳細はお気軽にお問い合わせくださいませ。どうかご理解のほど、よろしくお願いいたします。

さて、セールが始まって間も無く、陸中海産初の試食会がありました。試食メニューに「わかめのポン酢和え」と「こなわかめご飯のプチおにぎり」を用意し、多くのお客様に食べていただけました。ありがとうございました!特に、

「生わかめを買いに来たんだけど、これもまるで生わかめみたいな食感ね。こっちの方が簡単で日持ちするし、いただこうかしら」

とお買い上げくださったお客様の言葉に、嬉しくて涙がこぼれそうでした。これからも課題を克服し、一人でも多くのお客様に陸中海産のわかめの魅力を伝えられるよう頑張ります!

そして今一度原点に立ち返るべく、わかめの収穫現場を見学にも行きました。
大船渡市三陸町綾里。震災で甚大な被害に遭った町ですが、漁師さんは皆、前を向いてひたすら頑張っていました。

今年は豊作で質も良く、過去にないくらいに高値で競り落とされているので、漁師さんたちの雰囲気が明るかったのが印象的でした。

品質維持の為、水揚げされたわかめはすぐにボイルされ、2段階に分けてしっかり冷却、その後作業場へ運び、塩をまぶし塩蔵保管します。わかめ漁の期間中はほぼ毎日、朝の暗いうちから寒い中、この作業を家族総出で繰り返します。実際見学に行った日も、小学5年生の男の子がおじいちゃんと一緒に作業していました。こうやって伝統は後世に伝わっていきます。絶やしてはいけないと改めて心に誓いました。

現在陸中海産では次のセールに向けて色々と動いています。これまでとは違ったスピード感にバタバタしたりもしていますが、まずは家族が健康に過ごし、良い商品を皆さまへお届けしてまいります。よろしくお願いいたします!