岩手はジトジトムシムシと梅雨に逆戻りしたような天候が続いており、食欲も減退している今日この頃、我が家では禁断の「だメシ」ブームが到来しそうです。

若い頃、お金や時間、もしくはやる気が無いため、栄養バランスなど細かい事を完全度外視した、お腹を満たすためだけの簡単適当ご飯を食べた事はありませんか?その割に美味しくて病みつきになり、いい大人になっても忘れられないD級グルメの数々。当時のその決して褒められたものではない駄目なメシを略して「だメシ」です。近年、だメシの代表格と思われていた卵かけご飯が、居酒屋のメニューになっていたりレシピ本などが出るなど、すっかり市民権を得たのはご存知かと思います。

今日は定番だメシの一つ、マヨネーズご飯を食べました。

レシピ
炊きたてのご飯
マヨネーズ(お好みの量)
醤油(お好みの量)
白ごま(ひとつまみ)

食べ終わると、取り返しのつかない事をしてしまったという罪悪感や背徳感と同時に、若かりし頃の懐かしさや甘酸っぱさが込み上げてきました。決して身体に良くはないかもしれませんが、精神衛生的にはとても良いと思います。大切なのは、これを習慣にしてはいけないという強い意志を持つ事です。油断するとその単純簡単な美味しさに溺れてしまい、後戻りできなくなる恐れがあります。

グルメ漫画のパイオニア、「美味しんぼ」にも究極の裏メニューがあるように、息抜きも必要かと思います。毎日美味しいものばかりでは飽きるでしょうしね。

やや強引に論点をずらしてまとめましたが、皆さんにもきっとあるであろう「だメシ」、是非教えて下さい!わかめのレシピ共々お待ちしております!