3日目となる最終日の早朝は、テントのフライシートを叩きつける雨音で目が覚めました。

天気予報通りではありますが…それまで天気が良かっただけに少し残念です。また結構風もあり雨がタープ内にまで浸水しており、何脚かの椅子の座面には水溜りができていたり、テーブルの上のものが濡れていたり。一番乗りに起きてはみたものの、みんなが起きてから撤収の話し合いをすることにしました。

予定では昼ご飯を食べてから撤収の予定でしたが風雨が思いのほか強く、10時を目処に撤収する事に決まりました。カップラーメンなどの簡単な朝食を済ませ(息子初経験!)、てきぱきと撤収を開始し予定通りの時間にキャンプ場をあとにしました。

その後最寄りの友人宅で簡単な打ち上げ的後夜祭?をし、夕方には2泊3日のキャンプから無事帰宅しました。

今回は最終日こそ雨でしたが、それでも3日間過ごしやすい環境でキャンプする事ができました。初めて、もしくは小学生以来という参加者も多かったのですが、トラブル無く帰宅できたのはただただ素晴らしいですし、みんながみんな楽しかったと言って解散できたので、これからもっとキャンプが好きになってくれたらと思います。

次回への教訓は…と考えてみても反省点は毎度の夜の防寒対策、雨対策くらいなもので(準備段階の気温が30度越えの快晴だと準備する気にもならないのです)特に無く、欲を言うなら恒例の『荷物を減らす』くらいでしょうか。これはもう終わりなき永遠のテーマでしょう。

次回のキャンプも同じ場所で似たようなメンバーとお盆休みに開催する予定です。今回と違い虫が増え蒸し暑い環境になっている予感がします。しっかりと対策をし、また楽しめればと思います。


参加した皆さん、お疲れ様でした!